栃木県大田原市の7ヘクタールの山林をお買取り致しました。

別の山林所有者様からのご紹介いただいたお客様でした。
山林は相続により所有されたそうで、適切な管理がなされた立派なスギ・ヒノキ林でございました。
林道の有無や傾斜等の木材の搬出に係る問題点もなく、規模も大変大きいため伐採も
やりやすいだろうと、1ヘクタールあたり230万円でお取引に至りました。

近年、戦後の拡大造林で植林された山が60年生以上になり、
木が太くなりすぎている状況が非常に多くなっています。
木が太すぎると、住宅用の柱などを製材しても歩留まり(原料の中で出荷できる製品となる割合)
が下がります。歩留まりが悪い、製材製品として利用できる割合が低い丸太は、
必然的に高く買えない山となってしまいます。
今回、買い取らせて頂いた山は、まさに最適な丸太がふんだんに取れる(適伐期な)山であり、
高価買取させて頂きました。

一般的に製材利用ができる適伐期は、土地の状況にもよりますが、スギだとおおよそ50年生、
ヒノキだと55~60年生以上と言われています。適伐期を過ぎる前に、是非一度
地元の森林組合さんなどに活用の方法をご相談いただければと存じます。