山形県から千葉県エリアに山林をお持ちの方へ

山林活用ドットコム/山林売買・株式会社トーセン山林活用ドットコム/山林売買・株式会社トーセン

山はどのように管理する?林業とは

立ち木の相場と補助制度・木質バイオマスなど活用術

親から山を相続したが、山そのものを見たこともない

固定資産を払い続けるより、信頼できる会社に売りたい

山を相続したが、何もできず管理方法も分からない

毎年固定資産を支払っているだけ。

山林活用ドットコムでアドバイスできる山林活用エリアは

山形県から千葉県関東甲信越
を中心としたエリアです。

山林活用ドットコムは、国産材製材日本一の株式会社トーセンが運営しています。

山林活用ドットコムは、国産材製材日本一の株式会社トーセンが運営しています。

相続などで山を持て余している、管理しきれないなど、当社へ多くのお問合せやご相談をいただいております。山林活用ドットコムは、こんなご心配事をお持ちの皆さまへ、林業のことや山の経営のことなど、少しでも多くの情報提供をするためのサイトです。株式会社トーセンは国産材製材日本一の会社です。山林売買、山林管理も安心してお任せいただけます。

山林活用・山林売買のあれこれ

山林活用・山林売買のあれこれ

トーセングループのエリア担当者が
発信する山の状況をブログやSNSで

blog

Q 祖父母が嫌がるので売却は考えていませんが、固定資産税がかかるばかりで正直持て余しています。何かいい方法はありませんか?

A.土地は所有者様そのままに、山林の立木(生えている木)だけのお買取りという方法もございます。
※木材の買取価格-山林伐採費を引いた金額=所有者様のお手元に届く金額

Q山林を売却するために、必要な書類はありますか?

A.山林の状況を把握するうえで必要な、登記簿と森林簿・森林計画図があれば、お話がスムーズに進みます。

Q用意すべき書類に、森林簿・森林計画図とありますが、これらはどこで入手できますか?

A.それぞれ都道府県・市町村ごとに異なりますが、主に市役所の農林課や森林計画課といった担当部署で閲覧・写しの交付を受けられる地域が多いです。各役所にご相談ください。

Q御社から遠方にある山林なのですが、相談はどちらにしたらよいでしょうか。

A.山林の近辺にある不動産屋さん、あるいは対象地域の森林組合さんにご相談ください。
※森林組合とは、地域の森林の保全や林業等を共同で行うために設けられた、協同組合です。

Q山林の主な調査内容について教えてください。

A. 弊社の基準では
1. 山林の中に、林業機械が入れる林道があるのか
2. どんな樹種の木がどのくらい生えているのか
3. 樹齢が何年生であるのか
4. 傾斜があるのか
これらの条件から、山林の価格を検討させていただきます。

Q大まかに相場はどのくらいですか。

A.状況次第ですが、弊社では50~100万円/haのお取引が多いです。

ハサミ
山を買います

山林情報を
トーセンに登録
しませんか?

関東全域、新潟・山形で山を売りたいとお考えの方へ、お持ちの山林の情報をトーセンに登録しませんか? 樹種や面積など登録いただくことで、より状況把握がしやすくなります。


山林情報登録フォームへ