今回は、残念ながらお取引に至れなかった事例をご紹介したいと思います。

6haの50年生スギ林を所有される方より、売買のご検討のお電話をいただきました。
接道等搬出条件に悪いところは見受けられなかったものの、数年前に森林組合様に依頼して切り捨て間伐を行っていましたので、20年は皆伐(間引き=間伐でなく、区画内の樹木をすべて伐採すること)が出来ない山林でした。

しかし50年生という時期の木材は十分に成熟しており、間伐して育てるのではなく、皆伐してその木材を製材やその他に利用、そして植林して循環させる時期を迎えていると弊社は考えていること、その皆伐が20年行えないのは、製材業として非常に厳しいことをご理解いただき、今回はお話を見送りました。
補助を受けて間伐施業を行う場合、このようにその後の施業に縛りが生じる場合がございます。
そういった情報も、今後山林活用ドットコムから発信していけたらと考えています。